歌手・misonoが病気により今後の活動を制限すると発表し話題となっています。

活動制限まで行わなければならない、misonoの病気とは一体どんなものなのでしょうか!?

また、misonoといえば、旦那のnosukeが現在がんの闘病中であることが知られていますが、活動制限するにあたり旦那を支えるための金銭面についてもファンからは心配の声が続出!

今回はそんなmisonoの病名や症状、旦那・nosukeとの今後についてもご紹介していきます。

Sponsored Link


misonoが活動制限までする病名と症状は?

 

misonoが活動制限までする病名と症状は?旦那を支えるお金は今後大丈夫?

 

タレント・歌手として活動しているmisono。

10月1日にSNS上で体調不良による活動制限を発表し話題となっていましたが、7日放送のフジテレビ「ノンストップ!」の番組内でmisonoの密着取材が行われた際、活動制限をするに至った病気について「メニエール病」であることを公表しました。

misonoといえば、2018年10月に所属していた事務所「エイベックス・マネジメント」を退社し、今では歌手・タレントの他にも個人事務所の社長も務めるなど、多忙を極める日々を送っています。

まさかmisonoが個人事務所の社長になっているとは・・・全然知らなかったのでめちゃめちゃびっくりしました(笑)

 

misonoが活動制限までする病名と症状は?旦那を支えるお金は今後大丈夫?

 

そんな多忙な毎日の中で、misonoは体調不良を引き起こしてしまい、耳の痛みやめまい、震えといった症状があることも番組内で語っており、さらには歌が歌えなくなってきたと「限界」を感じているとも語っていました。

misonoといえば自らを「ウチ」と呼び、ロンハーなどのバラエティ番組で活躍するなど歌手というよりも、タレントとしての活動の方がこれまで目立っていましたが、実は本業は歌手なんです。

歌手として耳の痛みやめまい、震えといった症状はまさに致命傷と言ってもおかしくはありません。

さらに病気である夫・nosukeを支えるなどしていたことからも、このような体調不良を起こしたことでかなり精神的にも肉体的にも辛かったのではないかと思います。

 

misono、いつからメニエール病を患っていた?

 

misonoが活動制限までする病名と症状は?旦那を支えるお金は今後大丈夫?

 

番組内で活動制限の原因は「メニエール病」であることを公表したmisono。

最近ではメディアへの露出も減り、テレビであまり見る機会もないですが、一体いつからメニエール病を患っていたのでしょう?

misonoは今回の病名公表前に、ブログで体調不良による活動制限を事前に発表。

この件はネットでもちょっとした話題になりましたよね。

そして、misonoのブログでは2018年の夏頃から原因不明の体調不良に悩まされていたこと、2019年3月29日から4月5日までの間に入院したことを明かしていました。

misonoが活動制限までする病名と症状は?旦那を支えるお金は今後大丈夫?

 

去年の夏頃には「原因不明」ながらも体調不良だったということは、メニエール病の症状はすでに発症されていたのかもしれませんね。

ということは、misonoはおよそ1年の間メニエール病と闘いながら、歌手・タレント・事務所社長といった活動に加え、旦那・Nosukeの病気を支えていたのでしょう。

そして、スケジュール的にも限界を感じ、今後の活動を制限しようと決意したのではないでしょうか?

 

Sponsored Link




メニエール病の症状とは?

 

misonoが活動制限までする病名と症状は?旦那を支えるお金は今後大丈夫?

 

misonoを活動制限まで追い込んだ病気「メニエール病」とは、一体どんな病気でどんな症状があるのでしょうか?

メニエール病は、内耳に存在している液体の量が過剰になることで起きてしまう病気と言われており、年齢的には20歳~50歳、そしてどちらかというと男性よりも女性に多く見られる病気です。

症状は耳詰まり・耳鳴りや難聴、さらに回転するようなめまいなどがあると言われています。

 

misonoが活動制限までする病名と症状は?旦那を支えるお金は今後大丈夫?

 

また、このメニエール病が発症してしまう原因は「ストレス」が大きく関わっているという説もあり、睡眠不足や蓄積された疲労など、日常的にストレスをためやすい人がなりやすいとも言われているようですよ。

misonoは芸能活動、個人事務所での社長業務、旦那の看病など相当疲労やストレスを抱え込んでいたのかもしれません。

特にmisonoは濃いキャラクターということもあり、炎上やバッシングの対象となりやすいということもあるので、そういったこともストレスの原因とも言えますよね。

misono以外にも、メニエール病を患っている芸能人は多くいるようで、今井翼や久保田利伸、ハイヒールモモコ、GENKINGなどもメニエール病に苦しんでいると言われています。

 

Sponsored Link




misonoの旦那、ガン闘病の為のお金はどうする?

 

misonoが活動制限までする病名と症状は?旦那を支えるお金は今後大丈夫?

 

misonoは、2017年7月にロックバンド「HighsidE(ハイサイド)」のドラマー・Nosukeと結婚式を挙げ、2018年9月に入籍しています。

そして、入籍から3ヶ月後の2018年12月16日に、旦那・Nosukeに「精巣ガン」が発覚。

現在もmisonoに支えられながら闘病中だといいます。

しかし、今回misonoが活動制限するとなると、ガン闘病にかかるお金などは一体どうしていくのでしょうか?

こんな時にちょっと下世話な話かな・・・とは思いましたが、misonoは「ノンストップ」の密着取材中にガン闘病のためのお金に関わる話題についても触れています。

 

misonoが活動制限までする病名と症状は?旦那を支えるお金は今後大丈夫?

 

これまで歌手活動、タレント、個人事務所の社長など多忙を極めるハードスケジュールをこなしてきたのは、やはり旦那・Nosukeのガン闘病にかかる費用のためだったとmisonoは語っており、旦那・Nosukeとのこれまでの生活は仕事・プライベートを別々にして、まずはお金をちゃんと貯めるところからやっていたとも説明。

しかし、このようなハードスケジュールを今後も継続していくことは、医師の判断からも難しく、さすがのmisonoも限界を感じ、今ある仕事なども含め「12月いっぱいはやる」という決断に至ったとのことです。

特に旦那・Nosukeはガン発症以前には貯金もなく、保険にも入っていなかったことからも、ガン発症後はかなり苦しい状況だったとのことなので、今までがむしゃらに稼いできたのかもしれませんね。

これからどうやってガン闘病の費用を賄っていくのかは、明らかにされていませんが、しっかり者のmisonoのことなので、ちゃんと計画があるのではないでしょうか。

 

Sponsored Link


misonoの活動制限にネットから心配する声続出!

 

misonoが活動制限までする病名と症状は?旦那を支えるお金は今後大丈夫?

 

misonoが活動制限の発表後、自身が「メニエール病」であることを公表しかなりの反響を呼んでいますが、活動制限を発表した時には、いろいろと冷ややかな声などバッシングを受けていたmisono

しかし、今回メニエール病の告白には、アンチの声もある一方でmisonoを心配する声も多く見られています。

https://twitter.com/mu_gi_mu_gyu/status/1181380127516573701

https://twitter.com/dendename/status/1181378270727569410

 

misonoが活動制限までする病名と症状は?旦那を支えるお金は今後大丈夫?

 

中にはアンチの声もちらほら見かけますが、やはりmisonoを心配する声の方が圧倒的に多いようです。

また、misonoと同じく「メニエール病」を患って、辛く苦しい思いをしたことがあるという経験者のコメントも多く見られました。

メニエール病は見た目では病気だとわからないため、周囲からは気付かれにくいことがありますが、本人は肉体的にも精神的にも辛いはずです。

旦那・Nosukeの病気や治療費などのこと、自らが抱えている仕事なども心配でしょうが、今はストレスをなくしゆっくり休んで、早くファンを安心させてほしいですね!

 

 

Sponsored Link




misono、活動制限解除の可能性はある?

 

misonoが活動制限までする病名と症状は?旦那を支えるお金は今後大丈夫?

 

メニエール病を患ったことから、12月いっぱいでの活動を目処に、今後の活動を制限していくことを決意し発表したmisono。

ファンは1日でも早く、misonoに元気になってほしいと願っていることでしょう。

しかし、活動を制限したmisonoは今後活動制限を解除する可能性はあるのでしょうか?

2020年からはしばらくメニエール病の治療への専念、そしてゆっくり休養を取るということも語っているmisono。

 

misonoが活動制限までする病名と症状は?旦那を支えるお金は今後大丈夫?

 

メニエール病の治療としては主に投薬が一般とされていますが、中には手術したりすることもあるようですね。

misonoはとりあえず2019年いっぱいは仕事をこなし、2020年からはこういった投薬治療に専念するのではないかと思います。

しかし、メニエール病は「難病」でもあるため、確実に完治するとは言い切れません。

そのため、詳しい復帰時期などについても言及していないのではないでしょうか。

現在のmisonoの病状にもよりますが、恐らくはすぐに復帰とはならないのではないかと思います。

 

Sponsored Link




misonoのプロフィール

 

misonoが活動制限までする病名と症状は?旦那を支えるお金は今後大丈夫?

 

misonoのプロフィール
  • 名前:misono(みその)
  • 本名:神田美苑(こうだみその)
  • 生年月日:1984年10月13日 34歳
  • 出身地:京都府京都市伏見区
  • 身長:154㎝
  • 所属事務所:元エイベックス・マネジメント

 

歌手・倖田來未を姉に持つことでも知られるmisono。

デビュー前には「沖縄アクターズスクール」の大阪校、沖縄校に在籍しておりトップ集団『B.B.WAVES』に所属。

そして2002年8月に、五十嵐充プロデュースで『day after tomorrow』のボーカルとしてデビュー。

”期待の大型新人”と呼ばれ、デビューした年の日本レコード大賞・新人賞も受賞しました。

 

misonoが活動制限までする病名と症状は?旦那を支えるお金は今後大丈夫?

 

以降オリコンで上位を獲得する人気グループとなりましたが、2005年8月に活動休止。

2006年からはソロ活動をスタートさせ、シングル『VS』でソロデビューも果たしています。

2014年9月にはLINE動画の生配信で、10月発売のアルバム『家-ウチ-※アルバムが1万枚売れなかったらmisonoはもうCDを発売することができません。』が1万枚売れなかったら今後CDを出さないと宣言するも、5816枚で打ち止めとなり、以降CDのリリースは行われていません。

音楽活動の他にも、タレントとしてバラエティ番組でも活躍しており、『クイズ!ヘキサゴン』『ロンドンハーツ』などの人気番組で再ブレイクを果たし、人気を集めました。

 

Sponsored Link




まとめ

 

今回は、芸能活動を制限、そしてメニエール病を患っていると公表したmisonoの話題について、ご紹介しました!

旦那・Nosukeのガン闘病を支えながら、がむしゃらに活動を行ってきたmisonoですが、知らず知らずのうちに疲労やストレスがたまっていったのでしょうね。

メニエール病は経験者にしかわかりませんが、かなり辛い病気だと言われているので、ゆっくりと休養しまた元気な姿で復帰してほしいなと思います。

 

Sponsored Link