未だ収束の兆しが見えない新型コロナウイルス。

休校や外出自粛など、今の私たちの暮らしに与える影響は計り知れず、収入に対する不安も日に日に募るばかり。

そんな中、以前から新型コロナの経済対策として現金給付が検討されていましたが、ついに金額や対象者など現金給付に関する詳細が決定したようです。

果たして、新型コロナによる経済対策として実施される現金給付の対象者は誰なのか、そしていつどういった方法で給付されるのかなど、気になる詳細についてご紹介していきます!

 

Sponsored Link


新型コロナによる影響で政府は経済対策で現金給付を検討!

 

新型コロナの経済対策で現金給付の対象者はだれ?いつどういう方法で?

 

今もなお、猛威を振るう新型コロナウイルス。

感染拡大を防ぐため、学校の休校、外出の自粛、さらには店舗休業も余儀なくされるなど、私たちの日常にも大きな影響をもたらしていますよね。

学校に通う子供を持つ親や、仕事ができない状況の人、または自営業者など収入に大きな不安を抱えている人もきっと数多くいることだと思います。

そのような人々にとって、今のこの状況はまさに死活問題と言えるでしょう。

 

新型コロナの経済対策で現金給付の対象者はだれ?いつどういう方法で?

 

そんな中、政府は新型コロナの影響による経済対策として、現金給付を検討すると発表。

かつてリーマン・ショックで不況に陥った時には、1人1万2000円の現金給付を行いましたが、今回の新型コロナウイルスによる経済対策としては、その金額を上回る現金給付になるとも言われており、国民一人一人に給付または子供を持つ家庭や収入が低い家庭などが対象となるかもしれないなど、様々な方向で検討されているようです。

この報道に世間からは「金額が低すぎる」や「この金額なら消費税減税の方がいい」などといった声が上がっていましたが、果たして経済対策としての現金給付はどのように決まったのでしょうか?

 

経済対策の現金給付対象者は誰?

 

新型コロナの経済対策で現金給付の対象者はだれ?いつどういう方法で?

 

新型コロナの影響による経済対策として現金給付の実施が政府から発表されましたが、この現金給付は国民全員がもらえるものなのでしょうか?

みんなそれぞれ生活に何らかの影響は出ているので、ここはぜひとも国民全員に現金給付を行ってほしい!

そう願うところですが、実は今回の経済対策による現金給付は対象者しかもらうことができないようです。

当初は国民一人に現金給付なんていう報道も出ていましたが、果たして今回の現金給付対象者は一体誰なのでしょうか?

 

新型コロナの経済対策で現金給付の対象者はだれ?いつどういう方法で?

 

そこで現時点で発表されている現金給付対象者を調べてみたところ、対象となるのは新型コロナの影響により収入が減った世帯のみ。

収入が減った時の月収が一定の基準を下回る世帯となるので、収入が高い世帯への給付は行わないようです。

さらに、新型コロナの影響により売上が激減した中小企業、または個人事業主へも現金給付が行われることとなり、その額は数兆円にものぼるといわれています。

 

Sponsored Link




経済対策の現金給付、30万円で検討中!

 

新型コロナの経済対策で現金給付の対象者はだれ?いつどういう方法で?

 

以前から新型コロナの影響による経済対策として、現金給付を行うという報道はあったものの、肝心な金額は「1人10万」「1世帯20万円」などといった情報があり、ネット上でも様々な意見が飛び交っていました。

しかし、ついに政府は現金給付の金額を「1世帯30万円」で検討していると発表。

このニュースを見た時、多くの人が「30万円!?」と驚いたかもしれませんが、1世帯の人数が多ければこの30万円という額は決して高いものではありませんね。

 

新型コロナの経済対策で現金給付の対象者はだれ?いつどういう方法で?

 

しかも対象となるのが全世帯ではないので、かなり批判の声も高まっているのではないでしょうか。

私も最初は「安倍さんやるじゃん!」と思いましたが、給付条件をよくよく見てみるとちょっとがっかりでしたね(笑)

この現金給付に関しては賛否両論別れているようですが、あくまで目的は収入が減った世帯の生活を支援するため。

条件にあてはまる世帯にとっては非常にありがたい現金給付となりますが、正式な発表は果たしていつになるのでしょう?

 

Sponsored Link




経済対策の現金給付はいつ頃発表?いつ実行?

 

新型コロナの経済対策で現金給付の対象者はだれ?いつどういう方法で?

 

「1世帯に30万円」ただし収入が一定より減少した世帯に限る・・・そういった対策を検討している政府ですが、一体この現金給付はいつ正式に決まり発表されるのか。

そして多くの人が気になるのが、この現金給付がいつ支給されるのかというところですよね。

まず、経済対策の決定については、4/7に緊急経済対策をまとめると発表されており、現時点ですでに閣議決定しています。

決定した経済対策の内容は以下の通りです。

  • 収入が大幅に減った世帯・・・30万円
  • 売上が大幅に減った中小企業・・・最大200万円
  • フリーランス、個人事業者・・・最大100万円

 

新型コロナの経済対策で現金給付の対象者はだれ?いつどういう方法で?

 

そして、問題はいつ現金給付が行われるのかということですが、予定では5月に実施されるとのことです。

今回の新型コロナの対策については、政府の対応の遅さを指摘する声がかなり多いこともあり、現金給付に関しても大幅にずれ込むのではないかという指摘も相次いでいます。

正直、緊急事態宣言の発令も遅かったと言わざるを得ない状況ですから、こういった声が出るのも無理はありませんね。

しかし、気になってくるのは現金給付を行うための手続き。

今回は収入が減少している世帯を対象としているので、なんだかいろいろと手間取りそうな予感がしちゃいますよね。

 

Sponsored Link


現金給付を受けるための方法は?自己申告?

 

新型コロナの経済対策で現金給付の対象者はだれ?いつどういう方法で?

 

収入が減少した世帯に30万円の現金給付が実施されることがついに閣議決定されましたが、この現金給付を受けるためにはどういった方法を取らなければいけないのでしょうか?

先ほど閣議決定された経済対策としては、やはり自己申告制になるようで、自治体の窓口に来ずともオンラインで申請できるような方法を検討しているようです。

緊急事態宣言も発令されましたし、窓口に人が集中して感染してしまっては元も子もありませんから、この方法はとても堅実と言ってもいいでしょう。

新型コロナの経済対策で現金給付の対象者はだれ?いつどういう方法で?

 

ですが、一つ心配なのは収入を審査するのに膨大な時間がかかり、5月に支給されるという予定も大幅に遅れるのではないかということ。

かなり多くの人が自己申告するに違いありませんので、ただでさえ人手不足の自治体が果たして対応できるのか・・・そう心配になるのも無理はないかと思います。

しかしこの点についても、政府は申請や手続きを簡単に行えるようなものにするとコメントしていますので、そいうった事態を見越して簡潔に手続きできるような体制をとってくれるようです。

 

Sponsored Link




現金給付、児童手当も加算される?

 

新型コロナの経済対策で現金給付の対象者はだれ?いつどういう方法で?

 

今回の新型コロナウイルスによる経済対策では、先ほどご紹介した他にも児童手当の受給者に対し、子供1人につき1万円を給付するという対策も発表されました。

今回の新型コロナでは、学校の休校が続き、子を持つ親は仕事を休んだり食費の支出が増えたりと、生活費がかさむ日々が続いています。

そんな子育て世帯にはまさにありがたい対策と言えますが、一部では子供1人に1万円は少なすぎるといった声も。

 

新型コロナの経済対策で現金給付の対象者はだれ?いつどういう方法で?

 

私も小さな子供を抱える立場ですが、確かに1人につき1万円じゃ苦しい状況はあまり変わらない気もします。

しかし、この児童手当の加算は、収入状況に関わらず一律で受給されるとのことなので、そういった面を考えるととても良い案だなという感じはしますね。

ちなみにこの児童手当の加算については一度限りの給付となり、月額5000円の特例給付の受給者は対象とはなりません。

 

Sponsored Link




まとめ

 

今回は、新型コロナウイルスの影響による経済対策として実施される、現金給付についてまとめてみました。

当初は1人10万案も出ていたこの現金給付。

しかし、最終的には収入が減少した世帯限定で、1世帯30万円という現金給付に決定しました。

この現金給付に関しては批判的な声も多く挙がっていますが、もう少し国民の現状に寄り添った形での現金給付となればよかったなと感じます。

何はともあれ、5月には現金給付が実施されるということなので、該当する方は今後発表される詳細をしっかりチェックしておいてくださいね!

 

関連記事

緊急事態宣言とは何?発令されるとどうなる?簡単にわかりやすく解説

【最新】新型肺炎(コロナウィルス)の日本人感染者数と状況・対応時系列まとめ(随時更新)

【ながら運転厳罰化】カーナビ操作やテレビも?信号待ちでは?

桜を見る会とは?2019年の参加者や招待者は誰?一般人も参加できるの?

銀行の口座維持手数料とは?いつから開始?免除や回避する方法はある?

Sponsored Link