現在、世界中で大混乱となっている新型コロナウイルス。

日本でも日を追うごとに感染が拡大しており、未だ収束の兆しが見えていません。

そんな中、日本ではついに「緊急事態宣言」を可能にする法案が成立したとのニュースが報じられましたが、一体この「緊急事態宣言」とは何なのか・・・そういった疑問や不安を抱いている方もきっと多いことでしょう。

そこで、今回は新型コロナウイルスの影響で法案が成立した「緊急事態宣言」がどういったものなのか、そして発令されると私たちの生活はどうなるのか・・・などを簡単にわかりやすく解説していきたいと思います。

 



新型インフルエンザ特別措置法、新型コロナウィルスが対象に!

 

緊急事態宣言とは何?発令されるとどうなる?簡単にわかりやすく解説

 

現在、世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルス。

日本でも毎日のように新たな感染者が報じられているほか、WHO(世界保健機関)が新型コロナウイルスをパンデミック(世界的感染爆発)宣言するなど、今世界中がウイルスの恐怖に陥っています。

そんな中、2020年3月13日には新型コロナウイルスを、新型インフルエンザ特別措置法の対象にする改正法が可決、そして成立したとのニュースが報じられました。

 

緊急事態宣言とは何?発令されるとどうなる?簡単にわかりやすく解説

 

この改正法が成立したことにより、日本は「緊急事態宣言」の発令が可能となったわけですが、一つ気になるのはこの「緊急事態宣言」がどういったものなのか・・・そして緊急事態宣言が発令された場合、私たちにどんな影響が出てくるのかということですよね。

特に現在は、休校や自粛などで私たちの生活にも支障が出ているため、この状況がいつまで続くのかと終わりの見えない恐怖に不安を感じる中、このような緊急事態宣言なるものが発令されるとより大きな不安を感じることでしょう。

そこで今回は、少しでも詳しく知っておくために、緊急事態宣言がどういったものなのかをわかりやすく解説していきたいと思います。

 

緊急事態宣言とは何?簡単にわかりやすく解説

 

緊急事態宣言とは何?発令されるとどうなる?簡単にわかりやすく解説

 

3月13日に成立し、3月14日に施行された新型コロナウイルス特別措置法。

これによって「緊急事態宣言」の発令が可能となりましたが、多くの人がこの緊急事態宣言とは一体何なのかと疑問に思っていることだと思います。

そもそも、この緊急事態宣言が可能となった「新型インフルエンザ等対策特別措置法」は、2009年に世界中で大流行となった新型インフルエンザを機に作られ、2012年に成立した特別措置法。

そして、今回世界的に新型コロナウイルスの感染が拡大したために、対策として新型インフルエンザ等対策特別措置法の対象となったのです。

 

 

緊急事態宣言とは何?発令されるとどうなる?簡単にわかりやすく解説

 

そして、新型コロナウイルスをこれ以上感染を拡大させないために、首相による緊急事態宣言の発令も可能となったのですが、2012年に特別措置法が作られて以降、実はこの緊急事態宣言は一度も発令されたことがありません。

では、この緊急事態宣言とは一体どういうものなのか・・・ということについてですが、安倍首相により緊急事態宣言が発令された場合、各都道府県知事が市民に外出を自粛するよう指示をしたり、さらには学校を休校する要請または指示を行うことが出来るのです。

この特別措置法に関しては、3月14日に安倍首相が記者会見を行い、これからの対応について発表するとしていますが、今後安倍首相によりこの緊急事態宣言が発令されるのか、今日本中からは大きな注目が集まっています。

 

Sponsored Link




緊急事態宣言が発令されると生活はどうなる?

 

緊急事態宣言とは何?発令されるとどうなる?簡単にわかりやすく解説

 

緊急事態宣言が発令可能となりましたが、実際に安倍首相が緊急事態宣言を発令した場合、私たちの生活にどういった影響をもたらすのか・・・多くの人たちがその点を疑問視していることだと思います。

まず、先ほどもご紹介した通り、緊急事態宣言が発令された場合には、各都道府県知事が外出の自粛やイベントの中止、学校の休校など制限や禁止を行うことが可能になります。

となると、もし外出自粛を言い渡された場合は、仕事はもちろんのこと食料品の買い出しなどちょっとした外出もできなくなってしまいますよね。

仕事に関しては、現在テレワークを実施する企業や会社が増えていたりするので、在宅で仕事を行うことは可能かもしれませんが、これも限られた企業のみなので全職業に匹敵するわけではありません。

 

 

緊急事態宣言とは何?発令されるとどうなる?簡単にわかりやすく解説

 

また、気になるのは子供たちの保育園や学校などですが、緊急事態宣言が発令されると多くの人が集まる施設の使用制限も指示される可能性があるので、もしそういった指示が出た場合は休園・休校となる可能性が極めて高いと思われます。

そうなると子を持つ親御さんたちは仕事することができなくなり、先行きが不安となるのは生活費。

これについては、生活費を無利子で貸しますよといった制度も作られているようですが、どうやらすべての人が対象となるわけではなさそうです。

こういった流れを見ると、やはり緊急事態宣言による生活への影響は大きい気がしますね。

感染防止のためには仕方のないことなのかもしれませんが、正直一般市民にとってはかなり厳しい状況になるのではないでしょうか。

 

Sponsored Link




緊急事態宣言が出される前に備えておくべき事は何?

 

緊急事態宣言とは何?発令されるとどうなる?簡単にわかりやすく解説

 

緊急事態宣言が発令された場合、外出が自粛されることとなります。

そうなると困るのが、食料品や日用品。

現在でもマスクの在庫がない状況が続いていますし、つい最近まではデマの情報が流れたことから、トイレットペーパーの売り切れが続出するなど、全国で買い占めが起きる事態となりました。

確かに、新型コロナウイルスの情報が少ない中、デマとはいえこういった情報が流れると誰もが不安になりますよね。

 

緊急事態宣言とは何?発令されるとどうなる?簡単にわかりやすく解説

 

しかし、だからといって買い占めすることは決して良い判断ではありません。

ただ、もし緊急事態宣言が発令されてしまうと、こうした日用品や食料品のストックをある程度買い揃えていないと後々困ることになるのは明らか。

ですので、一気に買い占めるのではなくいつもより少し多く購入したり、食料品であれば非常食を備えておくなどそういった工夫が必要なのではないでしょうか。

こういった事態の時というのは、不安の方が打ち勝ってしまいなかなか冷静な判断ができるものではありません。

現時点では、緊急事態宣言が発令されるかどうかはわかりませんが、買い占めに走る前に一度どういった備えをするべきなのか、冷静に判断してみてほしいなと思います。

 

Sponsored Link


緊急事態宣言を行うかどうかは最終的に誰が判断する?

 

緊急事態宣言とは何?発令されるとどうなる?簡単にわかりやすく解説

 

新型コロナウイルスが世界的に蔓延している中、日本でも緊急事態宣言の発令が可能となりましたが、この緊急事態宣言は最終的に誰が判断して行われるものなのでしょうか?

この新型コロナウイルスが流行し出し、感染が拡大している中、ちょっと前にWHO(世界保健機関)が緊急事態宣言を発令しニュースなどでも取り上げられていましたが、今回日本でも緊急事態宣言が発令可能となるなど正直ややこしいなというのが多くの人の本音ではないかと思います。

一体、WHOが判断するのか、日本の安倍首相が判断するのか・・・どっちなのという感じですよね。

 

緊急事態宣言とは何?発令されるとどうなる?簡単にわかりやすく解説

 

ちなみに、WHOが発令した緊急事態宣言とは「国際的な公衆衛生上の緊急事態」のことを示しており、加盟国は感染者が出てから24時間以内に通告、または空港や港などで検疫を強化したり、渡航制限の対策が求められるようになります。

このWHOの緊急事態宣言で、記憶に新しいのは2019年のエボラ出血熱。

2009年には新型インフルエンザで緊急事態宣言が発令されていましたね。

しかし、今回話題となっている日本の緊急事態宣言は、あくまで日本国内の宣言となりますので最終判断はやはり安倍首相によるものだと思われます。

果たして、緊急事態宣言が発令可能となった今、安倍首相が今後どういった動きを見せるのか非常に気になるところですね。

 

Sponsored Link




緊急事態宣言が今後出される可能性は?

 

緊急事態宣言とは何?発令されるとどうなる?簡単にわかりやすく解説

 

3月13日に法改正された新型インフルエンザ等対策特別措置法。

新型コロナウイルスも対象となり、緊急事態宣言の発令が可能となりましたが、今後緊急事態宣言が発令される可能性はあるのでしょうか?

この緊急事態宣言により私たちの生活に多大な影響が出ることは明らかですから、かなり不安ですよね・・・。

そんな中、安倍首相は14日に緊急会見を行い緊急事態宣言について、コメントを発表。

 

緊急事態宣言とは何?発令されるとどうなる?簡単にわかりやすく解説

 

阿部首相は、現時点での国内の感染状況を踏まえ「緊急事態宣言を出す状況ではない」と語っています。

今のところは、緊急事態宣言を発令することは考えていないということですね。

しかし、新型コロナウイルスは日々感染が拡大しているため、状況も刻一刻と変わってきています。

ですから、万が一必要な状況になった場合には措置を実行するとも語っているので、現在は必要なくとも今後の状況次第ではすぐに発令する可能性も多いにあり得るのではないでしょうか?

 

Sponsored Link




緊急事態宣言、既に出ている国はある?

 

緊急事態宣言とは何?発令されるとどうなる?簡単にわかりやすく解説

 

日本での緊急事態宣言が発令されるかどうか、その動きに注目が集まっていますが、他の国ではすでに緊急事態宣言が発令されている国があるようです。

まず、日本の新型インフルエンザ等対策特別措置法が改正された3月13日には、スペインのサンチェス首相が感染者数が1万人を超える恐れがあることから、非常事態宣言を発令。

また、チェコ政府も3月12日に非常事態宣言を発令し、チェコ長期滞在者や永住者以外の外国人を対象に、感染危険度が高い国からの入国が禁じるなどの対策を取っています。

 

緊急事態宣言とは何?発令されるとどうなる?簡単にわかりやすく解説

 

さらに、3月14日にはアメリカのトランプ大統領が国家非常事態を宣言。

トランプ大統領はこれまで新型コロナウイルスについて「アメリカ国民へのリスクは少ない」とコメントしていましたが、徐々に感染拡大が広がる中ついに非常事態宣言を発令する事態に追い込まれたようです。

この非常事態宣言を発令したことにより、トランプ大統領は最大500億ドルもの予算を活用し、ウイルスの検査拡充、また治療態勢を強化させるなどの対応を行う方針だと語りました。

他にも、ハンガリー、現在感染者が2万人を超えているイタリアなども現在、非常事態宣言を発令しています。

 

Sponsored Link




まとめ

 

WHOが「パンデミック」宣言を発表した新型コロナウイルス。

長期化の恐れもあるという中、ついに日本でも新型コロナウイルスを対象とした特別措置法が成立され、緊急事態宣言の発令が可能となりました。

今のところは、まだ宣言をする状況でないと会見でコメントしていた安倍首相ですが、今後の感染の動き次第では緊急事態宣言が発令される可能性も十分にあり得ますので、私たちもある程度の心構えをしておく必要があるかもしれません。

 

関連記事

【最新】新型肺炎(コロナウィルス)の日本人感染者数と状況・対応時系列まとめ(随時更新)

【ながら運転厳罰化】カーナビ操作やテレビも?信号待ちでは?

桜を見る会とは?2019年の参加者や招待者は誰?一般人も参加できるの?

銀行の口座維持手数料とは?いつから開始?免除や回避する方法はある?

Sponsored Link